メインコンテンツに移動

令和元年度 子どもと本をつなぐスキルアップ講座報告

山口県子ども読書支援センターでは、毎年、公共図書館、幼稚園・保育園、学校図書館等で子どもの読書に関わる活動をしているボランティアや職員を対象に、子どもと本をつなぐための知識や技術の向上に向けた講座を開催しています。

第1回

日時
令和元年6月16日(日曜日) 13時30分から15時30分まで
演題
「読み聞かせからはじまる―子どもと本をむすびつけるために」
講師
杉山 きく子氏(公益財団法人東京子ども図書館 理事)
会場
山口県立山口図書館 第2研修室
参加者
58名
内容
第1回は集団へのよみきかせにおけるポイントと選書について学びました。読み聞かせに向く絵本の選び方や具体的な各作品について読み聞かせ方の要所を知ることができました。

講師の杉山きく子さん講師のブックトークを聞く受講者20190616_2.jpg

第2回

日時
令和元年6月29日(土曜日) 13時30分から15時30分まで
演題
「あの頃私も若かった! じぶんに出会うブックトーク~思春期の子どもへ~」
講師
横山 眞佐子氏(児童書専門店「こどもの広場」代表)
会場
山口県立山口図書館 第2研修室
参加者
59名
内容
第2回はブックトークを行うにあたっての考え方や紹介のコツについて学びました。ブックトークによって、楽しく面白い本の世界へ子どもたちをどのように誘うかを講師の実演により知ることができました。

講師の横山眞佐子さん講師の実演を見る受講者