メインコンテンツに移動

令和2年度「出前こどもとしょかん」報告

   山口県子ども読書支援センターでは、平成25年度から、県内の小中学校及び総合支援学校を対象に、県立図書館の新刊児童書約500~800冊程度を学校にも持ち込み、職員がブックトークや貸出を行う「出前こどもとしょかん」事業を実施しています。この事業の目的は、児童・生徒にたくさんの新しい本に触れる機会を提供することにより、読書の楽しさを知ってもらうこと、また、学校図書館の活性化や読書指導の充実に役立ててもらうことです。  

   令和2年度は、コロナ禍の中、感染防止対策に御協力いただき、5校で実施することができました。児童生徒及び教職員など、延べ331名が参加し、1,562冊を貸出しました。貸出した本は、子ども同士で紹介しあったり、学校図書館に購入する本を選んだりと、有効に活用されました。

<開催日>

令和2年7月15日(水曜日)上関町立上関中学校

令和2年8月26日(水曜日)萩市立むつみ中学校

令和2年9月4日(金曜日)周防大島町立城山小学校

令和2年9月10日(木曜日)美祢市立大田小学校

令和2年10月21日(水曜日)下関市立豊田下小学校

広い会場で、表紙を見せて本を展示              センター職員が色々な本を紹介   

①広い会場で、表紙を見せて本を展示          ②センター職員が本の紹介や読み聞かせ

30人位の児童がセンター職員の本紹介を聞く           マスクを着用して本選びする中学生

③人数の多い学校は数回に分けて実施         ④たっぷり時間をかけて本選び

選んだ本を読む小学生

⑤選んだ本を思い思いに読みふける