メインコンテンツに移動

山口県内ブックスタート実施自治体一覧

山口県内ブックスタート実施自治体一覧

公開日:2009年9月20日、更新日:2011年8月27日

  山口県内でブックスタートやそれに類する事業を実施している自治体を紹介するページです。
  このページの内容は、山口県子ども読書支援センターが独自に調査したものです(2011年8月現在)。ブックスタートの内容などの詳細は、各自治体にお問い合わせください。
  ブックスタートの開始、または内容変更、訂正などがあれば、山口県子ども読書支援センターまでお知らせください。

下関市
  担当課:子ども課(2003年8月より実施)
○生後1歳未満児が対象。
○「ブックスタートおはなしの会」を年に約150回実施し、絵本2冊を配布。実施日時・会場については、市広報紙に掲載するほか、母子手帳交付時、出生届け時、1歳児健診時などでの通知・葉書の郵送・公共施設の窓口でのチラシ配布などで広報。

山口市
  担当課:教育委員会(市内の図書館4館でそれぞれ実施)
  2005年10月に合併し、2006年4月から新方式で実施。
山口地区・徳地地区
○5ヶ月の乳児が対象。「ブックスタート体験会」を各地区の地域交流センターで開催。趣旨説明と共にスタートパックを手渡す。対象者には開催約2週間前に通知を配布。
小郡地区
○5ヶ月児の育児相談、または1歳半健診の際に絵本を手渡す(図書館でも受け取り可能)。
阿知須地区
○3~6ヶ月児を対象にブックスタートの会を開催し、趣旨説明・読み聞かせと共に絵本を手渡す。
秋穂地区
○5ヶ月の乳児が対象。毎月の育児相談日に合わせて実施(対象者には個別に案内)。趣旨説明とともに絵本とブックスタートパックを手渡す。会場は秋穂保健センター。
○フォローアップ事業として、1歳半健診と3歳児健診時にリスト配布と絵本コーナーの設置を行う。

岩国市
  担当課:健康推進課・こども支援課・生涯学習課・中央図書館(2011年7月より実施)
○「1歳6か月児健診」時に実施。
○健診終了後、健診会場で一組一組の親子に絵本の入ったブックスタートパック(おすすめ絵本リスト・地域の子育て情報誌・図書館利用案内等)をメッセージとともに手渡す。
○問い合わせ先は岩国市中央図書館 TEL 0827-31-0046

美祢市
  2008年3月、美東町、秋芳町と合併。
美祢地区
○未実施
美東地区
  担当課:社会福祉協議会
○5ヶ月~2歳児が対象。毎月行われる育児相談時に絵本を手渡す。
秋芳地区
  担当課:社会福祉協議会
○1歳6ヶ月の育児相談時に、別室で読み聞かせを行った上で絵本を手渡す。

周南市
  担当課:健康増進課
○名称「母子保健ブックスタート事業」
○1~4ヶ月の新生児が対象。
○家庭訪問をして絵本を手渡す。

田布施町
  担当課:教育委員会(2003年11月より実施)
○「4ヶ月乳児相談」時に実施。
○図書館職員または保健師が、趣旨説明と共に、絵本とブックスタートパックを手渡す。

平生町
  担当課:健康福祉課(2006年5月より実施)
○生後4~5ヶ月児を対象にした「離乳食学級」開催時に、母子保健推進員がブックスタートパックを手渡す(参加しなかった家庭は、訪問して手渡す)。
○ブックスタートフォローアップ事業として、母子保健推進員が、年に9回公民館で読み聞かせの会を実施。

ブックスタートに類似した事業を実施している市町

長門市
  担当課:社会福祉協議会(2008年4月より実施)
○三隅地区のみで実施
○名称「スタートブック」
○生後3ヶ月程度の新生児が対象。
○年3回読み聞かせの会を開催し、その場で絵本を手渡す(読み聞かせの会に参加しない家庭については、民生委員が訪問し手渡している)。

山陽小野田市
  担当課:教育委員会(2003年8月より実施)
○妊娠中の母親が対象。
○名称「マタニティ・ブックスタート」
○母子手帳の申請時に、絵本のサンプルを見せ、その場で希望する絵本1冊を手渡す。

和木町
  担当課:社会福祉協議会(2008年4月より実施)
○3ヶ月前後の新生児が対象。
○3ヶ月毎に区切って申し込みを受け付け、家庭に訪問して絵本を手渡す。

関連サイト

「特定非営利活動法人 ブックスタート」

ブックスタートの理念を伝え、各地域に対する様々な情報提供や支援事業を行う団体のサイトです。

このページの先頭に戻る