メインコンテンツに移動

平成30年度受入視聴覚資料(一般の部)

平成30年度受入視聴覚資料(一般の部)

公開日: 平成30年11月9日

題名 発行 受入年度 時間(分) 備考・内容紹介
昭和30年代の生活と文化⑨中国・四国編 東映 30 30 昭和30年代の「読売国際ニュース」から、中四国地方の暮らしの1場面を切り取った映像集。山口県内の映像は、『フグの島』(粭島(すくもじま)・旧徳山市)、『青年宿』(玉江浦・萩市)の2本。
ビジネスプランを作ってみよう 基礎編 日本政策金融公庫 30 43 ビジネスプランを作るために必要な考え方や手順を講義形式で紹介。全7回で各内容は5~8分程度。「ブレーンストーミング」のコツなどビジネス以外の場面でも活かせる発想法を案内。(対象:中・高校生)
東日本大震災再生期(平成26~29年度)取組記録映像 ダイジェスト編 宮城県 30 17 宮城県内各市町における、東日本大震災(3.11)からの復興の記録をダイジェストで紹介した資料。震災発生から3年後にあたる、平成26年から、平成29年までの4年間分を収録。
子どもに本を――石井桃子の挑戦Ⅰ ノンちゃん牧場 DoDo企画 30 35 日本の子ども文学の発展に尽力した石井桃子さん(代表作「ノンちゃん雲に乗る」、翻訳「熊のプーさん」シリーズ「うさこちゃん」シリーズなど)。その生涯を描くドキュメンタリー映画。1巻目では、戦後、石巻に「ノンちゃん牧場」を開墾した時代を紹介。
子どもに本を――石井桃子の挑戦Ⅱ 子どもと文学 DoDo企画 30 49 石井桃子さんの生涯を描くドキュメンタリー映画の2巻目。1954年の欧米視察で出会った児童図書館員たちとの交流のすえ、日本での児童図書館の充実を決意する。
子どもに本を――石井桃子の挑戦Ⅲ かつら文庫 DoDo企画 30 52 石井桃子さんの生涯を描くドキュメンタリー映画の3巻目。1958年、実際に子どもが本を手に取るようすを目にするため、石井は自宅に「かつら文庫」をひらく。その歩みを証言と資料により紹介。
知って防ごう熱中症 映学社 30 18 少年けんじと「太陽おじさん」のやりとりの形式で熱中症の症状や原因・対応を紹介。クイズ形式で熱中症予防策を考えながら学べるコーナーも。(対象:小学生)
災害の備え 適切な行動 見て学ぶ事業所の防災訓練 映学社 30 24 事業所で行う防災訓練について、模範的な例を紹介した作品。「水害対策」、「地震・津波対策」、「二次災害(火災)対策」、「防災訓練」の4つの項目ごとに事業所で行う防災訓練の具体例を見ていく。(対象:一般)
感せんしょうが流行るのはなぜ? 映学社 30 18 インフルエンザ・デング熱・日本脳炎といった、ウイルス性の感染症。その感染経路や症状、対応・予防法などを、再現映像などを用いてわかりやすく紹介。(対象:小学生)
誰でもできる「公開討論会」 明るい選挙推進協会 30 34 選挙の公示(告示)前に立候補予定者に集まってもらい、各自が考える政策やビジョンについて有権者に直接語ってもらう「公開討論会」。有権者にとっては立候補予定者の政策や人柄を吟味することができる機会でもある。山梨県富士河口町長選挙で、実際に公開討論会を開催するまでの流れを紹介。
放射線映像教材集 日本科学技術振興財団 30   中学校理科1分野「科学技術と人間」対応作品。放射線の基礎的な情報(性質や人体への影響、どのような利用をされているのか)を紹介する。このほか、放射線に関するショートムービー形式の映像資料を16本収録。
鉄釉陶器 原清のわざ 文化庁 30 39 重要無形文化財「鉄釉陶器(てつゆうとうき)」を保持し、日本工芸会理事も務めた原清。鉄釉の表現をいかした、独自の作風を生み出す原の生涯と作品を紹介する。
釉裏金彩 吉田美統のわざ 文化庁 30 32 重要無形文化財「釉裏金彩(ゆうりきんさい)」保持者である吉田美統(みのり)。陶磁器に金箔を焼き付け、さらに釉薬をかけ焼き上げる技法である釉裏金彩の、吉田による制作過程を記録した作品。
沈金 前史雄のわざ 文化庁 30 37 塗り面の上からノミで絵を彫りこみ、浮かびあがらせる「沈金(ちんきん)」の技術。その重要無形文化財に認定されている前史雄(まえ・ふみお)が、自らノミを考案し、技法を凝らして作品を生み出していく制作過程を紹介する。
鋳金 大澤光民のわざ 文化庁 30 36 「鋳金(ちゅうきん)」は、鋳型を用いて溶かした金属を固める技術であり、大澤光民(おおさわ・こうみん)はその重要無形文化財保持者である。大澤が鋳ぐるみと呼ばれる技法を活用して作品を制作する過程を追う。
彫金 桂盛仁のわざ 文化庁 30 34 金属を掘ったり、削ったりすることで造形を行う「彫金(ちょうきん)」。重要無形文化財「彫金」保持者の桂盛仁(かつら・もりひと)が、得意とする伝統的な技法を駆使し作品を作り上げる模様を紹介。
本美濃紙 文化庁 30 34 岐阜県にある美濃・蕨生の里で生産される本美濃紙。紙質が良く、美しいと言われるこの和紙は、国の重要無形文化財にも認定されている。古くから伝わる本美濃紙を生産する過程を収録した作品。
献上博多織 小川規三郎 文化庁 30 35 小川規三郎は、「献上博多織」の重要無形文化財保持者。「献上博多織」とは、江戸時代、幕府へ献上されていたことを由来とする博多織の一種である。その繊細な作業を工程ごとに記録。
友禅 森口邦彦のわざ 文化庁 30 34 重要無形文化財「友禅(ゆうぜん)」の保持者である森口邦彦(もりぐち・くにひこ)のわざを記録した作品。防染糊を使用し模様を表現する伝統的な染色技法と、パリ留学で学んだ建築・グラフィックデザインの技術を駆使し、作品「位相重ね鱗花文」を制作する過程を紹介。
鍛金 田口寿恒のわざ 文化庁 30 31 重要無形文化財「鍛金(たんきん)」の保持者である田口壽恒(たぐち・としちか)のわざを記録した作品。一枚の金属板を金槌で叩き形を作る鍛金の技術を駆使し、作品「鍛朧銀四方鉢」を制作する過程を紹介。
紬織 佐々木苑子のわざ 文化庁 30 33 重要無形文化財「紬織(つむぎおり)」の保持者である佐々木苑子(ささき・そのこ)のわざを記録した作品。自己の内面を投影した創作絵絣と色糸を織り込み、作品「細月明かり」を制作する過程を紹介。
taps ~その指先が導く危険~ 警察協会 30 53 スマートフォンを利用した犯罪に巻き込まれる事例をドラマ形式で紹介。出会い系サイト被害、架空請求詐欺、個人情報流出、偽通販サイトの詐欺について、4本のミニドラマを収録。
おじいちゃんが残してくれたもの ~燃えても燃えない?燃えにくい!~ 日本防炎協会 30 10 防炎品(防炎物品、防炎製品)について紹介した、ショートアニメーション作品。実際に製品を燃やす実験の様子も収録。
東日本大震災 ~宮城県石巻市災害記録~(第1巻) 宮城県石巻市 30 33 2011年3月11日に発生した東日本大震災。宮城県石巻市は、被害状況や復興への道程等を歴史・防災資料として後世に残すためにDVD(全3巻)を制作。1巻では石巻地区の被害状況、津波のメカニズムなどについて記録。
東日本大震災 ~宮城県石巻市災害記録~(第2巻) 宮城県石巻市 30 26 宮城県石巻市は、東日本大震災の被害状況や復興への道程等を歴史・防災資料として後世に残すためにDVD(全3巻)を制作。2巻では雄勝・牡鹿地区の被害状況、避難所・ボランティアの様子などを記録。
東日本大震災 ~宮城県石巻市災害記録~(第3巻) 宮城県石巻市 30 31 宮城県石巻市は、東日本大震災の被害状況や復興への道程等を歴史・防災資料として後世に残すためにDVD(全3巻)を制作。3巻では河北・河西・桃生・北上地区の被害状況、仮設住宅の様子、文化財の状況について記録。
鍛金 大角幸枝のわざ 文化庁 30 35 重要無形文化財「鍛金(たんきん)」の保持者である大角幸枝(おおすみ・ゆきえ)のわざを記録した作品。鍛金、布目象嵌などの技法を駆使し、波・流水・雲・風などの自然を表現する過程を、大角氏の創作活動への強い思いとともに紹介。
木工芸 中臺瑞真の刳物 文化庁 30 30 重要無形文化財「木工芸」の保持者である中臺瑞真(なかだい・ずいしん)のわざを記録した作品。制作活動の中心となる桐の刳物(くりもの)制作の過程を紹介。
鍛金 奥山峰石のわざ 文化庁 30 30 重要無形文化財「鍛金(たんきん)」の保持者である奥山峰石(おくやま・ほうせき)のわざを記録した作品。銀のインゴットを金槌や木槌で叩き、打ち延ばしながら器物を成形する伝統的な鍛金などの技法を駆使し、作品「銀打込象嵌花器 若芽」を制作する過程を紹介。
経錦 北村武資のわざ 文化庁 30 36 重要無形文化財「経錦(たてにしき)」の保持者である北村武資(きたむら・たけし)のわざを記録した作品。複雑で高度な技術を必要とする経錦の制作過程を紹介。
蒔絵 中野孝一のわざ 文化庁 30 37 重要無形文化財「蒔絵(まきえ)」の保持者である中野孝一(なかの・こういち)のわざを記録した作品。漆で描いた下絵に金粉や銀粉を蒔き、文様を表す蒔絵の伝統的な工芸技法を駆使し、作品「栗鼠に葡萄文蒔絵箱」を制作する過程を紹介。

 

このページの先頭に戻る