メインコンテンツに移動

ニュースを読む「ゲームの魅力と依存症」

公開日:2018年7月11日、更新日:2018年7月24日

ニュースを読む「ゲームの魅力と依存症」の様子です。

わが国では、家庭用ゲームをはじめとしたコンピュータ・ゲームが長らく愛されてきました。近年では、ゲームの団体戦「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」を、国体やオリンピックの正式種目として追加するための検討が進められています。また、「オンラインゲーム」「ソーシャルゲーム」といった、インターネットを介して仲間達と手軽に遊べるゲームも人気を集めています。

人気の一方で、日常生活に異常をきたすほどゲームにのめりこんでしまう現象が、幅広い世代で社会問題となっています。6月18日に世界保健機構(WHO)が発表した国際疾病分類(ICD-11)の中で、「Gaming disorder(ゲーム障害)」が正式に疾病として認定されました。

「ゲーム」が持つ魅力や危険性の両方を知り、バランスよく楽しめる距離感を考えてみませんか。

展示資料

『親子で読むケータイ依存脱出法』
磯村/毅‖[著],ディスカヴァー・トゥエンティワン,2014.4,[当館請求記号:367.61/P 4]
『ゲームと犯罪と子どもたち』
ローレンス・カトナー‖著,インプレスジャパン,2009.6,[当館請求記号:371.45/N 9]
『子供をゲーム依存から救うための本』
オリヴィア・ブルーナー‖著,文藝春秋,2007.6,[当館請求記号:379.9/N 7]
『脱ネット・スマホ中毒』
遠藤/美季‖著,誠文堂新光社,2013.12,[当館請求記号:493.74/P 3]
『ネット依存症』
樋口/進‖著,PHP研究所,2013.12,[当館請求記号:493.74/P 3]
『よくわかるギャンブル障害』
蒲生/裕司‖著,星和書店,2017.9,[当館請求記号:493.74/P 7]
『スマホゲーム依存症』
樋口/進‖著,内外出版社,2018.1,[当館請求記号:493.74/P 8]
『インターネット・ゲーム依存症』
岡田/尊司‖著,文藝春秋,2014.12,[当館請求記号:493.937/P 4]
『心と体を蝕む「ネット依存」から子どもたちをどう守るのか』
樋口/進‖監修,ミネルヴァ書房,2017.11,[当館請求記号:493.937/P 7]
『ゲームクリエイターの仕事完全ガイド』
エヴァース‖編著,誠文堂新光社,2007.12,[当館請求記号:589.7/N 7]
『家庭用ゲーム機興亡史』
前田/尋之‖著,オークラ出版,2014.5,[当館請求記号:589.77/P 4]
『スーパーヒットゲーム学』
飯野/賢治‖著,扶桑社,1998.6,[当館請求記号:798/M 8]
『パックマンのゲーム学入門』
岩谷/徹‖著,エンターブレイン,2005.9,[当館請求記号:798/N 5]
『幸せな未来は「ゲーム」が創る』
ジェイン・マクゴニガル‖著,早川書房,2011.10,[当館請求記号:798.5/P 1]
『家庭用ゲーム機コンプリートガイド』
山崎/功‖著,主婦の友インフォス情報社,2014.5,[当館請求記号:798.5/P 4]
『東大卒プロゲーマー』
ときど‖著,PHP研究所,2014.7,[当館請求記号:798.5/P 4]
『ゲームプランナーの新しい教科書』
STUDIO SHIN‖著,翔泳社,2015.8,[当館請求記号:798.5/P 5]
『現代ゲーム全史』
中川/大地‖著,早川書房,2016.8,[当館請求記号:798.5/P 6]
『テトリス・エフェクト』
ダン・アッカーマン‖著,白揚社,2017.10,[当館請求記号:798.5/P 7]
『ゲームする人類』
中沢/新一‖著,明治大学出版会,2018.3,[当館請求記号:798.5/P 8]
『高校生のためのゲームで考える人工知能』
三宅/陽一郎‖著,筑摩書房,2018.3,[当館請求記号:J/007]
『ストップ!ゲーム依存 3』
藤川/大祐‖監修,汐文社,2017.3,[当館請求記号:J/493]
『ゲームの教科書』
馬場/保仁‖著,筑摩書房,2008.12,[当館請求記号:J/589]

このページの先頭に戻る