メインコンテンツに移動

ニュースを読む「追悼 下村脩」

公開日:2018年10月26日

ニュースを読む「追悼 下村脩」の様子です。

生物学者の下村脩(しもむら・おさむ)さんが10月19日に亡くなりました。90歳でした。

生物発光研究の第一人者で、オワンクラゲの体内から緑色蛍光たんぱく質(GFP)を発見し、2008年にノーベル化学賞を受賞しました。

下村さんを追悼して、関連書籍をご紹介します。

展示資料

『クラゲに学ぶ』
下村/脩‖著,長崎文献社,2010.10,[当館請求記号:289.1/Sh 53]
『光るクラゲがノーベル賞をとった理由(わけ)』
石浦/章一‖監修,日本評論社,2009.4,[当館請求記号:431.5/N 9]
『クラゲの光に魅せられて』
下村/脩‖著,朝日新聞出版,2009.6,[当館請求記号:431.5/N 9]
『光る生物の話』
下村/脩‖著,朝日新聞出版,2014.4,[当館請求記号:431.54/P 4]
『クラゲ世にも美しい浮遊生活』
村上/龍男‖著,PHP研究所,2014.5,[当館請求記号:483.33/P 4]
『齋藤孝の10分で読める偉人伝』
齋藤/孝‖著,小学館,2012.2,[当館請求記号:J/280]
『ノーベル賞がわかる事典』
土肥/義治‖監修,PHP研究所,2009.9,[当館請求記号:J/377]
『こどもノーベル賞新聞』
若林/文高‖監修,世界文化社,2016.10,[当館請求記号:J/377]
『夢をつかもう!ノーベル賞感動物語』
高橋/うらら‖著,集英社,2016.10,[当館請求記号:J/377]

このページの先頭に戻る