メインコンテンツに移動

平成28年度出前こどもとしょかんの報告

山口県子ども読書支援センターでは、平成25年度から県内小学校を対象に、県立図書館の新刊児童書約500~800冊程度を学校にも持ち込み、職員がブックトークや貸出を行う「出前こどもとしょかん」事業を実施しています。

この事業の目的は、児童・生徒にたくさんの本に触れる機会を提供することで、読書の楽しさを知ってもらうこと、また、学校図書館の活性化と読書指導の充実に役立ててもらうことです。

平成28年度は、実施対象に中学校も加えた5校で実施し、のべ471名の児童生徒及び教職員、保護者や地域の方々にご利用いただきました。貸出した本は、子どもたちで紹介しあったり、学校図書館で購入する本の選書の参考にしたりと、有効に活用されました。

開催日

平成28年6月8日(水曜日):下関市立吉見中学校

平成28年7月1日(金曜日):周防大島町立明新小学校

平成28年9月27日(火曜日):山口市立陶小学校

平成28年10月31日(月曜日):下関市立滝部小学校

平成28年12月6日(火曜日):周南市立三丘小学校

出前こどもとしょかんの様子

下関市吉見中学校でブックトークを聞く生徒たち周防大島町立明新小学校でのブックトーク山口市立陶小学校で本を選ぶ児童たち下関市立滝部小学校で本を選ぶ児童たち周南市立三丘小学校で本を選ぶ先生と児童たち