メインコンテンツに移動

明治維新150年 本から始まる、本から広がる 第20回図書館振興県民のつどい(山口県図書館協会)

公開日:2018年10月11日

山口県立山口図書館では、山口県図書館協会と連携し、図書館と読書への関心を高め、県内の図書館振興を図るため、第20回「図書館振興県民のつどい 」を開催します。

「明治維新150年 本から始まる、本から広がる」をテーマに、「「志士」が動かした幕末長州~久坂玄瑞とその同志~」と題して の講演や資料展示等、読書と本に関する様々な行事を行います。どうぞ、ご参加ください。

「図書館振興県民のつどい」の概要

第20回図書館振興県民のつどい講演会のポスターの画像です。クリックすると大きくなります。
日時
平成30年11月3日(土曜日)10時から16時30分まで
場所
山口県立山口図書館
主催
山口県図書館協会、山口県立山口図書館
共催
維新史回廊構想推進協議会
後援
山口県大学図書館協議会、山口県学校図書館協議会
ちらし
ちらし.pdf(PDF形式、1.8 MB)はこちらからダウンロードできます。

開催行事の詳細

レクチャールーム

山口の歴史ビデオ上映会(10時30分から12時まで)
内容:「明治維新への歩み~山口県の歴史~」(S53)、「歴史の山陽道」(S53)、「明治維新をめざした人々」(H10)を上映します。製作当時の山口の風景も登場します。
「幕末維新回廊」のプロモーション映像上映(12時から13時まで)
「幕末維新回廊」オープニングセレモニーで話題になった、ドローン等で撮影した4本の映像を上映します。全映像を大画面で見ることができる貴重な機会です。
【要申し込み】歴史講演会「「志士」が動かした幕末長州~久坂玄瑞とその同志~」(13時から15時まで)
定員:250名
講師:一坂太郎氏(いちさか・たろう:幕末維新史研究家)
※会場付近では講演に関連した資料展示を行います。また、講演に先立ち、図書館事業功労者表彰を行います。

図書館正面玄関(雨天時はレクチャールーム前)

和紙を使った本の修理教室(10時から12時まで)
県立図書館で行っている基本の修理を体験することができます。身近な材料で簡単にできるので、自宅の本が破れたときにも役立ちます。
どんぐりストラップづくり教室(10時から12時まで)
国立山口徳地青少年自然の家のみなさんとどんぐりに絵付けをしてストラップを作ります。作品はお持ち帰りいただけます。

2階第1研修室

【要申し込み】秋のスペシャルおはなし会(11時から11時50分まで)
定員:30名程度(保護者の人数は除く。)
お子様向けの影絵やパネルシアターのおはなし会です。詳細はちらし.pdf(300.1KB)をご覧ください。
【要申し込み】豆本『留魂録(りゅうこんろく)』づくり教室(15時30分から16時30分まで)
定員:20名程度(小学生以上)
針と糸を使って和綴じの小さな本を作ります。題材は、吉田松陰が知人や松下村塾の門下生に向けて書き残した遺著『留魂録』です。

申込み・お問い合わせ先

山口県図書館協会(山口県立山口図書館内)
TEL:083-924-2111、FAX:083-932-2817
電子メールでのお問合せはこちらです。
お申し込みの際は、行事名、参加者氏名、参加人数、電話番号をお知らせください。

明治維新150年 本から始まる、本から広がる 第20回図書館振興県民のつどいを開催します。