メインコンテンツに移動

大内氏に仕えていた家臣を探す

作成日:2013年3月30日、公開日:2013年8月7日

大内氏は、南北朝から戦国時代に山口を拠点とし、中国地方に勢力をふるった大名です。大内氏の家臣団は、政弘の時代に再編・強化が図られ進展していき、義隆期には、組織的に築き上げられます。

大内氏に仕えていた家臣についての資料をご紹介します。山口県資料コーナーの他、書庫内にもあります。

大内氏に関する基本的な資料については、調べ方案内「大内氏について」をご覧ください。

なお、この調べ方案内の印刷用ファイルはこちら(PDF,175.94KB)です。ダウンロードしてご利用下さい。

大内氏家臣団の構成について

『尼子・大内・毛利六十年戦史』(吉村雅雄著 報光社 1995)

大内氏の家臣

『大内氏実録 復刻版』(近藤清石著 マツノ書店 1995)
付録2「大内殿有名衆」、付録3「大内殿家中」に家臣名が列挙されています。
『大内義隆のすべて』(米原正義著 新人物往来社 1988)
収録されている「大内氏家臣人名事典」(佐伯弘次著)に、家臣名と人物についての説明があります。

大内義隆の家臣

『義隆期を中心とした大内氏家臣』(大内文化探訪会・大内氏家臣団研究グループ編・発行 2002)
大内義隆が当主だった時代を中心とした大内氏の家臣について調べることができます。家ごとに祖先の由来、大内氏家臣としての地位や業績、家系図等が掲載されています。

関連情報

大内文化探訪会
大内文化に関する遺跡等の文献的研究及び現地探訪を通して、大内氏の研究を行っている会。年に一度『大内文化探訪会誌』を発行しています。

大内氏についての研究論文を探すなら……

『山口県地方史研究』
山口県地方史学会の会誌。山口県地方史学会は、山口県の歴史について研究を行っている学術団体です。
『大内文化探訪会誌』
大内文化探訪会の会誌。

お問い合わせ先

山口県立山口図書館 総合サービスグループ
TEL:083-924-2114(調査・相談)
FAX:083-932-2817
メールによる調査相談のお申込みはこちらです。