メインコンテンツに移動

国立国会図書館配信「歴史的音源」視聴の御案内

情報検索コーナーでの歴史的音源視聴の様子です。

公開日:2013年3月15日

当館では、国立国会図書館が配信する「歴史的音源」を館内で視聴することができます。

なお、国立国会図書館がデジタル化した資料を、当館の利用者用インターネット端末から閲覧・複写することもできます。

歴史的音源とは

「歴史的音源」とは、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC) がデジタル化した、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP 盤及び金属原盤等に収録された音楽・演説等の音源です。落語、長唄、楽曲(ギター、琴、尺八等)、歌劇、浄瑠璃(義太夫節、清元節、常磐津節)、浪花節、歌謡曲、講演、ジャズ等、様々なものが含まれ、現在、約3万9000音源が配信されています。

すでに、インターネット上で公開されているものに加え、著作権および著作隣接権保護期間内であるため国立国会図書館内に視聴が限定されている音源についても、当館内では聴くことできます。

国立国会図書館「歴史的音源」のページ
どのような音源があるか検索することができます。
インターネットで公開されている音源の一覧はこちらです。

利用方法

2階情報検索コーナーの5台のパソコンで御利用いただけます。2階調査相談カウンターにてお申し込みください。

複製やダウンロードはできませんので、御了承ください。

県内の「歴史的音源」配信参加館

当館以外で「歴史的音源」を聴くことができる県内公立図書館は以下のとおりです。

問い合わせ先

山口県立山口図書館 企画・連携グループ

TEL:083-924-2111

FAX:083-932-2817

このページの先頭に戻る