メインコンテンツに移動

資料展示「炭鉱(ヤマ)を見つめて~上野英信と山本作兵衛~」

資料展示「炭鉱(ヤマ)を見つめて~上野英信と山本作兵衛~」の様子です。

公開日:2014年9月20日、更新日:2014年11月28日

日本の近代化を推進した産業のひとつに石炭産業があります。最盛期の1940年代には45万人もの人々が炭鉱労働に従事していましたが、1950年以降石油へのエネルギー転換によって炭鉱は次々と閉山し、石炭産業は急速に衰退していきました。

山口県出身の作家で、自身坑夫の経験があった上野英信(うえの・えいしん)は、炭鉱労働にたずさわる人々を一生をかけて見つめた作家です。また、ユネスコ世界記憶遺産に登録されている山本作兵衛(やまもと・さくべえ)の炭鉱画を広く世に出した人物でもあります。

炭鉱を見つめ続けた2人が遺した貴重な記録と関連資料をご紹介します。

場所:山口県立山口図書館 2F展示コーナー

展示期間:平成26年9月2日(火曜日)~11月27日(木曜日)

展示資料

『追悼上野英信』
上野英信追悼録刊行会‖編, 上野英信追悼録刊行会, 1989, [当館請求記号:Y910/L 9]
『「上野英信の生誕地にて」その他』
中野 真琴‖著, 中野 真琴, 1992.05, [当館請求記号:Y914/M 2]
『せんぷりせんじが笑つた!』
上野/英信‖著, 柏林書房, 1955, [当館請求記号:Y/U 45]
『ひとくわぼり』
上野/英信‖著, 裏山書房, 1982.11, [当館請求記号:Y/U 45]
『出ニッポン記』
上野/英信‖著, 社会思想社, 1995.04, [当館請求記号:Y915/M 5]
『追われゆく坑夫たち』
上野 英信‖著, 岩波書店, 1960, [当館請求記号:366/J 0]
『サークル村 第1巻』
不二出版, 2006.6, [当館請求記号:Y910/N 6]
『サークル村 附録』
不二出版, 2006.6, [当館請求記号:Y910/N 6]
『キジバトの記』
上野/晴子‖著, 裏山書房, 1998.1, [当館請求記号:914.6/M 8]
『父を焼く』
上野/朱‖著, 岩波書店, 2010.8, [当館請求記号:Y910/P 0]
『蕨の家』
上野/朱‖著, 海鳥社, 2000.06, [当館請求記号:Y910/N 0]
『上野英信の肖像』
岡/友幸‖編, 海鳥社, 1989.11, [当館請求記号:Y910/L 9]
『闇こそ砦』
川原/一之‖著, 大月書店, 2008.4, [当館請求記号:Y910/N 8]
『写真万葉録・筑豊 10』
葦書房, 1986.12, [当館請求記号:R567/L 4]
『炭鉱(ヤマ)に生きる』
山本/作兵衛‖著, 講談社, 2011.7, [当館請求記号:Y567/P 1]
『筑豊炭坑絵巻』
山本/作兵衛‖著, 海鳥社, 2011.10, [当館請求記号:567.096/P 1]
『ヤマの記憶』
山本/作兵衛‖聞き書き, 西日本新聞社, 2011.10, [当館請求記号:567.096/P 1]
『『山本作兵衛-日記・手帳-』解読資料集 第5巻』
山本作兵衛さんを会‖編, 福岡県立大学生涯福祉研究センター, 2006.3, [当館請求記号:R721.9/N 6]

このページの先頭に戻る