メインコンテンツに移動

令和3年度「秋のスペシャルおはなし会」報告

令和3年10月30日(土曜日)11:0011:50

 

山口県こども読書支援センターでは、毎年読書週間(10/2711/9)行事の一環として「秋のスペシャルおはなし会」を開催しています。今年は、山口市を中心に活動されている、「おはなしパペット ぐるるんぱ」さんをお迎えして、読み聞かせやパネルシアターを鑑賞するおはなし会を開催しました。

 

日時:令和3年10月31日(土曜日)11:0011:50

会場:県立図書館 第2研修室

参加者:12名(子ども7名、大人5名)

 

当日の様子

参加者がお人形のついたのれんをくぐって会場に入ると、歌と音楽でおはなし会が始まりました。音楽に合わせて、おはなしに登場する小道具が一つずつテーブルの上に置かれます。

絵本『ちゅうちゅうたこかいな』の読み聞かせから始まり、ペープサートを使った読み聞かせや、ぐるるんぱさんの素敵な歌声でお話が進むパネルシアター『すてきなぼうしやさん』など、参加者も巻き込まれながら、テンポよくおはなし会は進みました。最後は、翌日のハロウィーンに合わせた魔女の衣装でのエプロンシアターで楽しみました。

コロナ禍で2年ぶりの開催となりました。感染対策のために、人数の制限、ソーシャルディスタンスの確保など、例年の様子とは異なるものになりましたが、おはなしの世界をしっかりと楽しむことのできた会になりました。

 
ぐるるんぱさんが絵本の読み聞かせをする様子 ペープサートを使った読み聞かせをする様子 パネルシアターでの読み聞かせの様子 エプロンシアターの様子