メインコンテンツに移動

闘病記コーナー所蔵資料一覧(脳関係)

闘病記コーナー所蔵資料一覧(脳関係)

公開日:2012年7月7日、更新日:2019年6月29日

闘病記コーナーにある、脳関係の資料の一覧のページです。

リスト以外の出版年が古い資料は書庫にあります。

資料一覧

2-1クモ膜下出血

『一度、死んでみましたが』
神足/裕司‖著,集英社,2013.12,当館請求記号:916/P 3
『妻と最期の十日間』
桃井/和馬‖著,集英社,2010.12,当館請求記号:915.6/P 0
『昏睡Days』
有田/直子‖著,書肆侃侃房,2009.10,当館請求記号:916/N 9

2-2脳溢血

『満月をきれいと僕は言えるぞ』
宮田/俊也‖著,三五館,2010.12,当館請求記号:916/P 0

2-3脳外傷(頭部外傷)

『破損した脳、感じる心』
犬塚/芳美‖著,亜紀書房,2012.9,当館請求記号:916/P 2

2-4脳梗塞

『生還』
小林/信彦‖著,文藝春秋,2019.3,当館請求記号:916/P 9
『脳梗塞日誌』
日垣/隆‖著,大和書房,2016.5,当館請求記号:916/P 6
『自宅介護で「胃ろう」をやめた日』
杉浦/和子‖著,幻冬舎ルネッサンス,2012.10,当館請求記号:916/P 2
『脳梗塞とのつきあい方』
高須/智雄‖著,牧歌舎,2011.1,当館請求記号:916/P 1
『脳梗塞からの“再生”』
上田/真理子‖著,文藝春秋,2010.7,当館請求記号:916/P 0
『再起する脳』
渡辺/一正‖著,幻冬舎ルネッサンス,2010.5,当館請求記号:916/P 0

2-5脳出血

『壊れた脳生存する知』
山田/規畝子‖著,講談社,2004.2,当館請求記号:916/N 4
『いのち、輝く!』
小山/明子‖著,経済界,2001.1,当館請求記号:778.21/N 1

2-6脳腫瘍

『わたし、アホになってもうた』
松園/信義‖著,文芸社,2010.10,当館請求記号:916/P 0
『医者が末期がん患者になってわかったこと』
岩田/隆信‖[著],中経出版,1998.2,当館請求記号:493.73/M 8

2-7脳卒中

『こっちに、おいで…』
吉村/正夫‖著,風媒社,2016.12,当館請求記号:916/P 6
『失語症・右半身不随・高次脳機能障害との闘い』
吉村/正夫‖著,風媒社(発売),2016.12,当館請求記号:916/P 6
『新聞記者で死にたい』
牧/太郎‖著,中央公論新社,2010.11,当館請求記号:916/P 0
『脳卒中サバイバル』
東山/あかね‖著,新曜社,2009.11,当館請求記号:916/N 9

2-8ロックト・インシンドローム

『沈黙を超えて生きる』
フィリップ・ヴィガン‖著,主婦と生活社,1998.8,当館請求記号:955/M 8

2-9その他脳関係

※()の中には病名を記しています。
『生きることは尊いこと』
岡西/雅子‖著,医学書院,2012.3,当館請求記号:916/P 2,(膠原病(皮膚筋炎)、パーキンソン病)
『記憶障害の花嫁』
北海道放送報道部取材班‖著,小学館,2013.9,当館請求記号:916/P 3,(高次脳機能障害)
『みぞれふる空』
米本/浩二‖著,文藝春秋,2013.4,当館請求記号:916/P 3,(脊髄小脳変性症)
『1リットルの涙』
木藤 亜也∥著,エフエー出版,1986.02,当館請求記号:915.6/L 9,(脊髄小脳変性症)
『ボケてたまるか!』
山本/朋史‖著,朝日新聞出版,2014.12,当館請求記号:493.75/P 4,(認知症)
『長期脳死』
中村/暁美‖著,岩波書店,2009.11,当館請求記号:916/N 9,(脳死)
『愛雪 上』
新田/勲‖著,第三書館,2012.8,当館請求記号:916/P 2,(脳性まひ)
『愛雪 下』
新田/勲‖著,第三書館,2012.8,当館請求記号:916/P 2,(脳性まひ)
『気づいたこと』
高橋/希‖著,東京図書出版会,2009.11,当館請求記号:911.56/N 9,(脳脊髄液減少症)
『あしたへの歌』
秋吉/真実‖著,長崎出版,2008.8,当館請求記号:916/N 8,(パーキンソン病)
『ラッキーマン』
マイケル・J.フォックス‖著,ソフトバンクパブリッシング,2003.1,当館請求記号:778.3/N 3,(パーキンソン病)
『ぼくが前を向いて歩く理由(わけ)』
中村/成信‖著,中央法規出版,2011.11,当館請求記号:916/P 1,(ピック病)
『私の脳で起こったこと』
樋口/直美‖著,ブックマン社,2015.7,当館請求記号:916/P 5,(レビー小体型認知症)

このページの先頭に戻る