メインコンテンツに移動

明治維新人物ギャラリー資料展示「高杉晋作の詩歌」

明治維新人物ギャラリー資料展示「高杉晋作の詩歌」の様子です。

公開日:2014年4月16日

高杉晋作の詩歌を紹介した資料などをご紹介します。

期間:平成26年4月8日(火)~平成26年5月29日(木)

高杉晋作の詩歌

高杉晋作(たかすぎ しんさく)

天保10年(1839)~慶応3年(1867) 29歳

諱:春風(はるかぜ) 字:暢夫(ちょうふ) 通称:晋作・東一 他 号:東行(とうぎょう)他

萩藩士高杉小忠太(こちゅうた)の長男として、萩城下町の菊屋横町で生まれました。藩校の明倫館に学び、19歳の時に久坂玄瑞(くさか げんずい)等に誘われ吉田松陰(よしだ しょういん)の松下村塾に入塾。文久元年(1861)、23歳の時に藩世子毛利定広(もうり さだひろ)の小姓役となり、以来藩政に関与するようになります。文久3年(1863)、下関における外国船攻撃に際し奇兵隊を創設、翌年には脱藩の罪で野山獄に囚われますが、四国連合艦隊の下関攻撃が始まると再び起用され、講和にあたります。慶応2年(1866)の第二次幕長戦争(四境戦争)では海軍総督となり、幕府軍を各地で撃退しましたが、肺結核にかかり、慶応3年(1867)4月、倒幕を見ずに下関で没しました。

晋作は、「当時の『志士』たちの中でも文学青年だったと評しても過言ではないだろう」(参考文献3)と言われています。生涯に300を超える漢詩等を作り、これらは活字化され『高杉晋作史料第2巻』等に収録されています。

参考文献

1『明治維新人名辞典』日本歴史学会編 吉川弘文館 1981 R281.03/L 1

2『月刊・松下村塾 Vol.4 吉田松陰と高杉晋作』月刊松下村塾編集部編 山口産業 2005 Y289/Y 86/N 4

3『高杉晋作の29年』一坂太郎著 新人物往来社 2008 p189 Y289/Ta54/N 8

展示資料目録目次

展示資料

書名 著者名 出版者 出版年 請求記号
投獄集 高杉晋作 龍章堂 Y289/TA54
東行遺稿 上 高杉晋作 作 1887.3 Y919/B 7
東行遺稿 下 高杉晋作 著 1887.3 Y919/B 7
高杉東行詩文集 高杉東行 著 広文堂 1918 Y919/E 8
桜山歌集 白石正一郎 [等]編 1866 Y911.1/A

このページの先頭に戻る

関連資料

書名 著者名 出版者 出版年 請求記号
東行詩集 高杉晋作 編 東行庵 1973 Y919/K 3
高杉晋作 詩と生涯 富成博 著 三一書房 1992.01 Y289/TA54/M 2
高杉晋作 漢詩改作の謎 一坂太郎 著 世論時報社 1995.04 Y289/TA54/M 5
高杉晋作探究 一坂太郎 著 一坂 太郎 2000.12 Y289/Ta54/N 0
高杉晋作 古川薫 編 新人物往来社 2010.7 Y289/Ta54/P 0
高杉晋作の手紙 一坂太郎 [著] 講談社 2011.8 Y289/Ta54/P 1
高杉晋作・久坂玄瑞 林田愼之助 著 明徳出版社 2012.10 Y289/Ta54/P 2
櫻山の歌集 谷省吾 覆刻・解説 桜山神社 2008.7 Y911.1/N 8
維新の詩 奈良本辰也 著 河合出版 1990.4 Y919/M 0
維新草莽詩文集 藤田東湖 ほか著 新学社 2007.6 Y919/N 7

このページの先頭に戻る