メインコンテンツに移動

明治維新人物ギャラリー資料展示「松下村塾の塾生たち」

公開日:2015年4月22日、更新日:2015年4月22日

明治維新人物ギャラリー資料展示「松下村塾の塾生たち」の展示の様子です。吉田松陰が松下村塾で指導した期間は、長く見積っても安政3年3月から安政5年12月までの約2年10ヵ月といわれています。その間に学んだ塾生は約90人、多くは10代後半から20代前半の若者でした。幕末維新期の動乱で命を落とした人、明治という新たな時代を生きる人、様々な人生を歩んだ塾生たちに関する資料を紹介します。

期間:平成27年4月1日(水)~平成27年7月30日(木)

松下村塾と塾生に関する資料

書名 著者名 出版者 出版年 請求記号
吉田松陰とその門下 古川薫∥著 新人物往来社 1974 289.1/Y 86
松下村塾と吉田松陰 古川/薫∥著 新日本教育図書 1996.03 Y289/Y 86/M 6
松下村塾をめぐりて 福本 義亮∥著 マツノ書店 1998.06 Y289/Y 86/M 8
吉田松陰と塾生たち 萩博物館∥編 萩まちじゅう博物館出版委員会 2013.4 Y289/Y 86/P 3
吉田松陰と塾生 松田/輝夫‖編著 松陰神社 2013.8 Y289/Y 86/P 3
吉田松陰と松下村塾   宝島社 2014.10 Y289/Y 86/P 4
松下村塾 古川/薫‖[著] 講談社 2014.10 Y289/Y 86/P 4
一番詳しい吉田松陰と松下村塾のすべて 奈良本/辰也‖編 KADOKAWA 2014.8 Y289/Y 86/P 4
吉田松陰と松下村塾の志士100話 山村/竜也‖著 PHPエディターズ・グループ 2014.9 Y289/Y 86/P 4
吉田松陰全集 第10巻 [吉田 松陰∥著] 大和書房 1974 Y121/K 2
吉田松陰門下生の遺文 一坂 太郎∥著 世論時報社 1994.03 Y215.8/M 4
松下村塾 海原/徹‖著 萩ものがたり 2013.10 Y215.8/P 3
松下村塾の人びと 海原/徹∥著 ミネルヴァ書房 1993.10 Y216.1/M 3
松下村塾の明治維新 海原/徹∥著 ミネルヴァ書房 1999.2 Y216.1/M 9
吉田松陰と松下村塾 海原/徹∥著 ミネルヴァ書房 1990.12 Y372/M 0
史跡吉田松陰幽囚の旧宅保存修理工事報告書 文化財建造物保存技術協会∥編 史跡吉田松陰幽囚の旧宅保存修理委員会 1986.03 Y274/L 6

それぞれの人物について書かれた資料

書名 著者名 出版者 出版年 請求記号
月刊・松下村塾 V0l.1 まるごと吉田松陰  月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2004.10 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.2 吉田松陰と久坂玄瑞 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2004.11 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.3 吉田松陰と吉田稔麿 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2004.12 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.4 吉田松陰と高杉晋作 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2005.1 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.5 吉田松陰と入江九一、野村靖 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2005.2 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.6 吉田松陰と中谷正亮・久保清太郎  月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2005.3 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.7 吉田松陰と山県有朋・赤根武人 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2005.4 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.8 吉田松陰と前原一誠 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2005.5 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.9 吉田松陰と伊藤博文 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2005.6 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.10 吉田松陰と品川弥二郎、山田顕義 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2005.7 Y289/Y 86/N 4
月刊・松下村塾 V0l.11 吉田松陰と渡邉蒿蔵・正木退蔵 月刊 松下村塾編集部∥編 山口産業 2005.8 Y289/Y 86/N 4
史料赤禰武人 一坂/太郎∥著 東行庵 1999.11 Y289/A 31
赤禰武人 角井 菊雄∥著 防長新聞社 2000.09 Y289/A 31
入江九一資料集 入江 遠∥編 1994.12 Y289/I 64
追懐録 野村 靖∥著 マツノ書店 1999.08 Y289/I 64
若き日の伊藤博文 一坂/太郎∥著 萩ものがたり 2008.4 Y289/I 89
伊藤博文 伊藤/之雄∥著 講談社 2009.11 Y289/I 89
伊藤博文 滝井/一博∥著 中央公論新社 2010.4 Y289/I 89
伊藤博文の青年時代 泉/三郎∥[著] 祥伝社 2011.6 Y289/I 89
久坂玄瑞全集 福本 義亮∥編 マツノ書店 1992.02 Y289/KU82
久坂玄瑞遺墨 一坂/太郎∥著 東行庵 1994.12 Y289/KU82
久坂玄瑞 一坂/太郎∥著 萩ものがたり 2014.12 Y289/Ku82
あゝ東方に道なきか 評伝 前原一誠 奈良本 辰也∥著 中央公論社 1984.08 Y289/MA26
前原一誠伝 妻木忠太∥著 マツノ書店 1985.06 Y289/MA26
品川弥二郎伝 奥谷/松治‖著 マツノ書店 2014.1 Y289/Sh58
高杉晋作 一坂/太郎∥著 文芸春秋 2002.03 Y289/Ta54/N 2
高杉晋作の手紙 一坂/太郎∥[著] 講談社 2011.8 Y289/Ta54/P 1
高杉晋作・久坂玄瑞 林田/愼之助‖著 明徳出版社 2012.10 Y289/Ta54/P 2
高杉晋作 梅渓/昇∥著 吉川弘文館 2002.07 289.1/TA54
高杉晋作 海原/徹∥著 ミネルヴァ書房 2007.2 289.1/Ta54
剣と法典 古川/薫∥著 文芸春秋 1997.12 Y289/Y 19
山田顕義 秋山/香乃∥著 萩ものがたり 2006.10 Y289/Y 19
山県有朋 藤村 道生∥著 吉川弘文館 1986.11 Y289/Y 22
山県有朋 伊藤/之雄∥著 文芸春秋 2009.2 Y289/Y 22
松陰先生と吉田稔麿 来栖/守衛∥著 マツノ書店 2010.7 Y289/Y 86
吉田栄太郎の幕末 一坂/太郎∥著 春風文庫 2011.10 Y289/Y 86
吉田稔麿の生涯 一坂/太郎‖著 萩ものがたり 2012.4 Y289/Y 86

このページの先頭に戻る

小説

書名 著者名 出版者 出版年 請求記号
徒花の志士 1 小説赤禰武人 指月/雅史∥著 ARA JIN PROJECT 2004.5 Y289/A 31
五稜郭を落した男 秋山/香乃∥著 文芸社 2004.4 Y/A 38
晋作蒼き烈日 秋山/香乃∥著 日本放送出版協会 2007.7 Y/A 38
山県狂介 青木 孝∥[著] 中央公論社 1973 Y/A 53
疾走の志士高杉晋作 童門/冬二∥著 ベストセラーズ 2002.06 Y/D 85
青春児 上 小説伊藤博文 童門 冬二∥著 学陽書房 1985.3 /D 85
青春児 下 小説伊藤博文 童門 冬二∥著 学陽書房 1985.3 /D 85
夢魂独り飛ぶ 小説高杉晋作 古川 薫∥著 講談社 1986.7 Y/F 93
高杉晋作奔る 古川/薫∥[著] 講談社 1989.3 Y/F 93
維新の烈風 吉田松陰と高杉晋作 古川/薫∥著 徳間書店 1990.1 Y/F 93
わが風雲の詩 上 古川/薫∥著 文芸春秋 1991.9 Y/F 93
わが風雲の詩 下 古川/薫∥著 文芸春秋 1991.9 Y/F 93
志士の風雪 品川弥二郎の生涯 古川/薫‖著 文藝春秋 2012.10 Y/F 93
花冠の志士 小説久坂玄瑞 古川/薫‖著 文藝春秋 2014.9 Y/F 93
伊藤博文 羽生/道英∥著 PHP研究所 2004.1 Y/H 11
春風伝 葉室/麟‖著 新潮社 2013.2 Y/H 26
日付変更線 伊藤博文と岩倉使節団 木曽/朗生‖著 文芸社 2012.10 Y/Ki59
高杉晋作 南条 範夫∥著 PHP研究所 1988.5 Y/N 48
少年行 南条/範夫∥著 講談社 1992.10 /N 48
世に棲む日日 1 司馬/遼太郎‖著 文芸春秋 2003.3 /Sh15
世に棲む日日 2 司馬/遼太郎‖著 文芸春秋 2003.3 /Sh15
世に棲む日日 3 司馬/遼太郎‖著 文芸春秋 2003.4 /Sh15
世に棲む日日 4 司馬/遼太郎‖著 文芸春秋 2003.4 /Sh15
松風の人 吉田松陰とその門下 津本/陽∥著 潮出版社 2008.1 Y/Ts73
平等晋作 米田/一雄‖著 文芸社 2013.12 Y/Y 82

このページの先頭に戻る