メインコンテンツに移動

ニュースを読む「今年亡くなられた方々を偲んで」

公開日:2013年12月10日

ニュースを読む「今年亡くなられた方々を偲んで」の様子です。

今年もこの「ニュースを読む」で様々な方々の追悼をしてきました。

亡くなられた後も、その方について書かれた本やその方の著書を読むことで、在りし日の姿を思い返すことができます。

今年亡くなられた方々を偲んで、著書や関連する本をご紹介します。

書名 著者名 出版者 出版年 請求記号
隠れ菊 連城/三紀彦‖著 新潮社 1996.2 /R 27
本の未来 富田/倫生‖著 アスキー 1997.3 020.4/M 7
金ではなく鉄として 中坊/公平‖著 岩波書店 2002.2 289.1/N 31
妣(はは)の国への旅 谷川/健一‖著 日本経済新聞出版社 2009.1 289.1/TA87
ネルソン・マンデラ ネルソン・マンデラ‖著 明石書店 2012.1 289.3/Ma43
マーガレット・サッチャー ピア・パオリ‖著 徳間書店 1991.8 289.3/TH1
ポスト消費社会のゆくえ 辻井/喬‖著 文藝春秋 2008.5 335.5/N 8
の定点観測 なだ/いなだ‖編著 岩波書店 2001.3 493.7/N 1
広告も変わったねぇ。 天野/祐吉‖著 インプレスジャパン 2008.12 674/N 8
絶望の隣は希望です! やなせ/たかし‖著 小学館 2011.10 726.1/P 1
ユリイカ 第45巻第10号8月臨時増刊号 総特集やなせたかし アンパンマンの心 青土社 2013.7 726.1/P 3
島倉家 島倉/千代子‖著 文芸社 2005.2 767.8/N 5
藤圭子 河出書房新社 2013.10 767.8/P 3
大島渚の時代 小野沢/稔彦‖著 毎日新聞社 2013.7 778.21/P 3
大島渚 河出書房新社 2013.5 778.21/P 3
巨人軍V9を成し遂げた男 羽佐間/正雄‖著 ワック 2013.4 783.7/P 3
作家の自伝 107 安岡章太郎 自叙伝旅行/遁走 佐伯/彰一‖監修 日本図書センター 2000.11 910.26/M 4
田谷鋭歌集 田谷/鋭‖著 砂子屋書房 2008.3 911.168/L 7
命いとおし 詩人・塔和子の半生 安宅/温‖著 ミネルヴァ書房 2009.2 911.52/N 9
あなたにありがとう 柴田トヨ写真集 引田/匡史‖撮影 飛鳥新社 2011.12 911.52/P 1
アメリカ 飯島/耕一‖著 思潮社 2004.10 911.56/N 5
死について 辻井/喬‖著 思潮社 2012.7 911.56/P 2
雨あがりの街 上 常盤/新平‖著 埼玉福祉会 1994.12 914.6/M 4
雨あがりの街 下 常盤/新平‖著 埼玉福祉会 1994.12 914.6/M 4
『大地の子』と私 山崎/豊子‖著 文芸春秋 1996.5 914.6/M 6
お茶をのみながら 北原/亜以子‖著 中央公論新社 2001.10 914.6/N 1
この晩年という時 高橋/たか子‖著 講談社 2002.3 914.6/N 2
夕映えの道 ドリス・レッシング‖著 集英社 2003.9 999/L 56
365日の自画像 吉村 芳生‖[画] 吉村 芳生 1991.04 Y725/M 1
魅せる花 吉村 芳生‖[画] 吉村 芳生 [2000] Y725/N 0
色鉛筆で描く花の世界 吉村/芳生‖画 吉村/芳生 2007 Y725/N 7
とがった鉛筆で日々をうつしつづける私 吉村芳生展 山口県立美術館‖[編] 山口県立美術館 2012 Y725/P 2

このページの先頭に戻る