メインコンテンツに移動

ニュースを読む「追悼 林京子」

公開日:2017年3月5日

ニュースを読む「追悼 林京子」の様子です。 長崎での被爆体験を基に描いた「祭りの場」で芥川賞を受賞した作家の林京子(はやし・きょうこ)さんが2月19日に亡くなりました。86歳でした。

自身の被爆体験を原点に戦争や核の恐怖を語り続けた作品で数々の賞を受賞し、その作品の一部は海外でも出版されました。代表作に「三界の家」、「やすらかに今はねむり給え」、「長い時間をかけた人間の経験」、「ギヤマンビードロ」などがあります。

林さんを追悼し、著書を展示します。

展示資料

『老いた子が老いた親をみる時代』
林/京子‖著,講談社,1995.5,[当館請求記号:369.26/M 5]
『自然を恋う』
林 京子‖著,中央公論社,1981.8,[当館請求記号:914.6/L 1]
『ヴァージニアの蒼い空』
林 京子‖著,中央公論社,1988.5,[当館請求記号:914.6/L 8]
『瞬間の記憶』
林/京子‖著,新日本出版社,1992.8,[当館請求記号:914.6/M 2]
『祭りの場』
林 京子‖著,講談社,1975,[当館請求記号:/H 48]
『ギヤマン ビードロ』
林 京子‖著,講談社,1978,[当館請求記号:/H 48]
『無きが如き』
林 京子‖著,講談社,1981.6,[当館請求記号:/H 48]
『上海』
林 京子‖著,中央公論社,1983.5,[当館請求記号:/H 48]
『三界の家』
林 京子‖著,新潮社,1984.11,[当館請求記号:/H 48]
『道』
林 京子‖著,文芸春秋,1985.5,[当館請求記号:/H 48]
『谷間』
林 京子‖著,講談社,1988.01,[当館請求記号:/H 48]
『やすらかに今はねむり給え』
林/京子‖著,講談社,1990.6,[当館請求記号:/H 48]
『青春』
林/京子‖著,新潮社,1994.2,[当館請求記号:/H 48]
『樫の木のテーブル』
林/京子‖著,中央公論社,1996.5,[当館請求記号:/H 48]
『おさきに』
林/京子‖著,講談社,1996.10,[当館請求記号:/H 48]
『ミッシェルの口紅』
林/京子‖著,埼玉福祉会,1997.10,[当館請求記号:/H 48]
『予定時間』
林/京子‖著,講談社,1998.11,[当館請求記号:/H 48]
『長い時間をかけた人間の経験』
林/京子‖著,講談社,2000.9,[当館請求記号:/H 48]

このページの先頭に戻る