メインコンテンツに移動

ニュースを読む「追悼 池内紀」

公開日:2019年9月12日

ニュースを読む「追悼 池内紀」の様子です。

ドイツ文学者の池内紀(いけうち・おさむ)さんが8月30日に亡くなりました。78歳でした。

昭和15(1940)年兵庫県生まれ。ドイツ語文学の翻訳者として知られ、主な翻訳書に「カフカ小説全集」、ゲーテの「ファウスト」、イマヌエル・カントの「永遠平和のために」などがあります。一方で、エッセイスト・評伝作家としても長年精力的に活動しており、「ゲーテさん、こんばんは」で平成14(2002)年桑原武夫学芸賞を受賞。趣味の山歩きや温泉について書いた「海山のあいだ」では平成6(1994)年講談社エッセイ賞を受賞しています。

池内紀さんを追悼して、関連資料をご紹介します。

蔵書検索で所蔵一覧を見る

展示資料

『開化小説集』
池内/紀‖著,岩波書店,1991.10,当館請求記号:/I 35
『街が消えた!』
池内/紀‖著,新潮社,1992.7,当館請求記号:/I 35
『ザルツブルク』
池内 紀∥著,音楽之友社,1988.8,当館請求記号:293.46/L 8
『絵本ファウスト』
[ゲーテ‖原著],集英社,2000.10,当館請求記号:726.5/N 0
『恩地孝四郎』
池内/紀‖著,幻戯書房,2012.5,当館請求記号:732.1/P 2
『音楽家の恋文』
クルト・パーレン‖著,西村書店,1996.10,当館請求記号:762/M 6
『生きかた名人』
池内/紀‖著,綜合社,2004.3,当館請求記号:910.26/N 4
『記憶の海辺』
池内/紀‖著,青土社,2017.12,当館請求記号:910.268/P 7
『ことばの引き出し』
池内/紀‖著,大修館書店,1993.11,当館請求記号:914.6/M 3
『海山のあいだ』
池内/紀‖著,マガジンハウス,1994.5,当館請求記号:914.6/M 4
『ドイツ町から町へ』
池内/紀‖著,中央公論新社,2002.11,当館請求記号:915.6/N 2
『ひとり旅は楽し』
池内/紀‖著,中央公論新社,2004.4,当館請求記号:915.6/N 4
『異国を楽しむ』
池内/紀‖著,中央公論新社,2007.2,当館請求記号:915.6/N 7
『日本風景論』
池内/紀∥著,角川学芸出版,2009.3,当館請求記号:915.6/N 9
『きまぐれ歴史散歩』
池内/紀‖著,中央公論新社,2013.9,当館請求記号:915.6/P 3
『ゲーテさんこんばんは』
池内/紀‖著,集英社,2001.9,当館請求記号:940.2/N 1
『カフカの生涯』
池内/紀‖著,白水社,2010.7,当館請求記号:940.2/P 0
『ぼくのドイツ文学講義』
池内/紀‖著,岩波書店,1996.1,当館請求記号:940.4/M 6
『ファウスト 第1部』
ゲーテ‖著,集英社,1999.10,当館請求記号:942/N 0
『ファウスト 第2部』
ゲーテ‖著,集英社,2000.1,当館請求記号:942/N 0

このページの先頭に戻る