メインコンテンツに移動

ニュースを読む「トールキンの世界に魅せられて―トールキン生誕130周年―」

公開日: 2021年12月24日、更新日:2021年12月28日

ニュースを読む「
トールキンの世界に魅せられて―トールキン生誕130周年―
」の様子です。

2022年はJ・R・R・トールキン生誕130周年の年です。

トールキン(1892~1973)は「ホビットの冒険」や「指輪物語」などの作者であり、現代のファンタジー作品において大きな影響を与えました。

また、文献学者・言語学者の一面も持ち合わせており、作品の中でもオリジナルの言語を数種類創作し、さらには国の歴史やそれを説明するための神話体系まで整えています。その壮大さに世界中の読者が心を奪われ、今日までトールキン研究は活発に行われています。

特に人気の「指輪物語」は三部作すべてが世界史上のベストセラーのトップ10にも入るほどの人気を誇っています。

ファンタジーといえばトールキンの世界を真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。これを機にファンタジーの世界を巡ってみるのも良いかもしれません。

トールキンの小説だけでなく、トールキン研究や英国ファンタジーについての資料も併せてご紹介します。

 

展示資料

『英国ファンタジーをめぐるロンドン散歩』
山内/史子‖文,小学館,2016.7,当館請求記号: 293.333/P 6
『幻想用語辞典』
池上/良太‖執筆,新紀元社,2021.5,当館請求記号: 388.033/Q 1
『ミドルアース』
ジョン・ハウ‖著,原書房,2020.2,当館請求記号: 726.5/Q 0
『トールキン指輪物語伝説』
デイヴィッド・デイ‖著,原書房,1996.6,当館請求記号: 930.2/M 6
『イギリス・ファンタジーへの旅』
岩野/礼子‖著,晶文社,2000.7,当館請求記号: 930.2/N 0
『『指輪物語』世界を読む』
カレン・ヘイバー‖編,原書房,2002.12,当館請求記号: 930/N 2
『トールキンのベーオウルフ物語』
J.R.R.トールキン‖著,原書房,2017.10,当館請求記号: 931.4/P 7
『トールキンの「ホビット」を探して』
コリー・オルセン‖著,KADOKAWA,2014.1,当館請求記号: 933.7/P 4
『ホビット』
J・R・R・トールキン‖著,原書房,1997.11,当館請求記号: 999/TO47
『指輪物語 1』
J.R.R.トールキン∥[著],評論社,1992.07,当館請求記号: J/トル
『指輪物語 2』
J.R.R.トールキン∥[著],評論社,1992.07,当館請求記号: J/トル
『指輪物語 3』
J.R.R.トールキン∥[著],評論社,1992.07,当館請求記号: J/トル
『指輪物語 4』
J.R.R.トールキン∥[著],評論社,1992.07,当館請求記号: J/トル
『英国ファンタジー紀行』
山内/史子‖文,小学館,2003.10,当館請求記号: JR930.2/N 3
『トールキン』
マイケル・コーレン‖著,原書房,2001.10,当館請求記号: JR930.278/N 1
『「中つ国」歴史地図』
カレン・ウィン・フォンスタッド‖著,評論社,2002.2,当館請求記号: JR930.278/N 2
『ロード・オブ・ザ・リング』
リン・カーター‖著,角川書店,2002.2,当館請求記号: JR930.278/N 2
『トールキンハンドブック』
コリン・ドゥーリエ‖著,東洋書林,2007.6,当館請求記号: JR930.278/N 7
『J.R.R.トールキン-世紀の作家』
トム・シッピー‖著,評論社,2015.1,当館請求記号: JR930.278/P 5
『総特集『指輪物語』の世界』
青土社,2002.04,当館請求記号: JR930/N 2
『指輪の力』
ジェーン・チャンス‖著,早川書房,2003.3,当館請求記号: JR930/N 3
『トールキンによる『指輪物語』の図像世界(イメージ)』
W.G.ハモンド‖著,原書房,2002.7,当館請求記号: JR933.7/N 2
『『指輪物語』の真実』
マーク・エディ・スミス‖著,角川書店,2003.1,当館請求記号: JR933.7/N 3
『図説トールキンの指輪物語世界』
デイヴィッド・デイ‖著,原書房,2004.2,当館請求記号: JR933.7/N 4
『指輪物語エルフ語を読む』
伊藤/尽‖著,青春出版社,2004.8,当館請求記号: JR933.7/N 4
『指輪物語「中つ国」のうた』
J.R.R.トールキン‖著,評論社,2004.2,当館請求記号: JR933.7/N 4
『トールキンのホビットイメージ図鑑』
ウェイン・G.ハモンド‖著,原書房,2012.10,当館請求記号: JR933.7/P 2

このページの先頭に戻る