メインコンテンツに移動

レクチャールームの利用について(新型コロナウィルス感染拡大防止対策)

1 新型コロナウィルスの感染拡大防止対策について

利用される主催者は、下記の感染拡大防止策を実施してください。

  • 主催者は、全ての参加者の氏名、連絡先を事前に把握し、参加者名簿を作成する。
  • 密集状態が生じないよう、参加の人数は収容人数の半数(147人)以下とし、座席は間隔を空ける。
  • その他、受付時や休憩時間のトイレ使用時等に密集状態が生じないよう、配慮する。
  • 参加者の手指の消毒のための消毒液を、入口等に配置する。
  • 参加者、講師、スタッフへマスク着用を義務付ける。
  • 受付等で、参加者に体調確認(口頭確認)と検温を行い、発熱・風邪症状のある参加者は自粛要請する。

2 参加者名簿の様式について

名簿の例を参考にされて、作成してください。

名簿例(Excel:15KB)

3 換気のための空調運転と光熱水費の負担について

レクチャールームは窓を開けて換気することはできません。このため準備や利用のためにレクチャールームに入る場合は、換気のために空調運転を行います。これに係る光熱水費(1時間につき997円)は利用者に負担していただくことになりますので、後日に支払いをお願いします。

4 その他

上記の事項を履行されない場合は、使用の停止又は使用許可の取消を行う場合があります。