メインコンテンツに移動

資料展示「干支 子」

資料展示「干支 子」の展示写真です。

公開日:2020年1月15日

十二支の最初は「子(ね)」で、動物は鼠が当てられています。鼠は繁殖力が高く、子宝の象徴となることも多く、鼠=子孫繁栄の意味が込められています。また、鼠に関する昔話やことわざ、アート作品等も数多くあり、古くから人間と深いつながりのある存在です。
この展示では、今年の干支「子」にちなみ、「ねずみ」に関する資料をご紹介します。

 


 

ギャラリートークの御案内

日時:1月25日(土曜日) 14時から  15分程度
場所:資料展示コーナー

司書による展示資料の紹介を行います。参加無料、申込み不要です。お気軽にお越しください。

 


 

場所:山口県立山口図書館 2F展示コーナー

展示期間:令和2年1月5日(日曜日)~1月30日(木曜日)

 

「干支 子」展示資料

『倭漢三才圖會 巻第5』
寺島/良安∥編,岡田三郎右衛門,正徳5(1715)跋,[当館請求記号: W031/A ]
『十二支読本』
稲田/義行‖著,創元社,2017.9,[当館請求記号: 449.34/P 7 ]
『北齋漫畫 4編』
葛飾/北齋∥筆,芸艸堂,1912,[当館請求記号: W721.8/E 2 ]
『動物』
山極/寿一‖監修,講談社,2011.7,[当館請求記号: J/489 ]
『現代日本生物誌 1』
林/良博‖編集,岩波書店,2000.6,[当館請求記号: 462.1/N 0 ]
『日本のネズミ』
本川/雅治‖編,東京大学出版会,2016.10,[当館請求記号: 489.473/P 6 ]
『新編日本古典文学全集 1』
,小学館,1997.6,[当館請求記号: 918/M 4 ]
『神使になった動物たち』
福田/博通‖文・写真,新協出版社,2012.8,[当館請求記号: 175.5/P 2 ]
『雪舟』
松本 巌∥[著],ポプラ社,1978,[当館請求記号: Y721/K 7 ]
『動物の格言諺事典』
故事ことわざ研究会∥編,アロ-出版社,1976.1,[当館請求記号: 388.8/K 6 ]
『ネズミと日本人』
長谷川/恩‖著,三一書房,1996.7,[当館請求記号: 489.47/M 6 ]
『ネズミのよめいり』
谷/真介‖文,佼成出版社,2006.9,[当館請求記号: P/アカ ]
『ねずみじょうど』
瀬田 貞二∥再話,福音館書店,1979.,[当館請求記号: P/マル ]
『江戸の十二支+αどうぶつえん』
安村/敏信‖著,東京美術,2014.10,[当館請求記号: 721.025/P 4 ]
『河鍋暁斎』
河鍋/暁斎‖[画],河出書房新社,2014.6,[当館請求記号: 721.9/P 4 ]
『バンクシービジュアル・アーカイブ』
バンクシー‖[画],グラフィック社,2018.7,[当館請求記号: 723.33/P 8 ]
『ぐりとぐら』
中川 李枝子∥さく,福音館書店,1967.,[当館請求記号: P/ヤマ ]
『フレデリック』
レオ=レオニ,日本パブリッシング,1969.,[当館請求記号: P/レオ ]
『宮沢賢治童話全集 1』
宮沢 賢治∥作,岩崎書店,1978.05,[当館請求記号: J/ミヤ ]
『マウス・アンド・マジック 上』
レナード・マルティン‖著,楽工社,2010.5,[当館請求記号: 778.77/P 0 ]
『ディズニーアニメーション大全集』
ディズニーファン編集部‖編,講談社,2014.3,[当館請求記号: 778.77/P 4 ]

このページの先頭に戻る